2021年8月14日 (土)

月下美人

今年も艶やかに咲きました

Img_5175_r

Img_5179_r

Img_5178_r

Img_5185_r

月下美人の花言葉は「つややかな美人」「はかない恋」

開花にはパワーを感じました

20210807-20-54-00_r

切り花でも咲くという情報を得ましたので、翌日はリビングで開花を見守りました。

あまり明るくしても咲きにくいかと思いまして少し暗くしましたが見事に開花しました。

20210808-20-49-59_r

20210808-20-53-53_r

来年も又咲いてねと思いを込めて・・・

 

 

| | コメント (0)

2021年7月 5日 (月)

アジサイ談義

梅雨時は何といってもアジサイです

アジサイは落葉低木でガクアジサイは日本原産だそうです

Img_5119-2_r

Img_5104-2_r

Img_5125_r

ホンアジサイハ日本で原種ガクアジサイから改良した品種

Img_5117_r

花のように見えるのはガク片で実際の花は中央にあるごく小さいもの

青色は酸性土壌 赤色は消石灰で弱アルカリ性にすると良い

我が家は青色が多いので石灰でも入れると赤くなるのかしら?

アジサイの花言葉は「移り気」「冷酷」「浮気」とあまり良くないですね

でも「団らん」とか「和気あいあい」「家族」など良い言葉もあります

青いアジサイは「辛抱強い愛情」

白いアジサイは「寛容」

Img_5146-2_r

ピンクのアジサイは「元気な女性」「強い愛情」

Img_5147-2_r

花言葉は別として梅雨時に花を咲かせ和ませてくれるアジサイは

毎年よく咲いてくれます

Img_5126_r

来年の開花を期待しています

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2021年6月24日 (木)

萬翠荘

今回愛媛県庁に引き続き木子七郎建築の萬翠荘を紹介します。1922(大正11年)

松山藩主の子孫にあたる久松サダコト伯爵の別邸として建てた純フランス風の

建物は、当時社交の場としてにぎわったそうです。

20210622-9-39-58_r

20210622-9-36-39-2_r

大正ロマンを今に伝える貴重な建物として、1985(S60年)愛媛県指定有形文化財に

指定され、その後2011(H23年)国指定の重要文化財になった。

20210622-9-38-04-2_r

建物までの散策道は緑あふれ癒されます。

20210622-9-31-38-2_r

20210622-9-37-49_r

20210622-9-41-39_r

観光客向けに写真撮影用の人力車がありました。

20210622-9-38-29-2_r

愛松亭(レストラン)は工事中でお休み

20210622-9-43-36_r

20210622-9-44-11_r

20210622-9-44-18_r

大正ロマンを味わった一日でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2021年5月28日 (金)

愛媛県庁

日本の建築界に鉄筋コンクリート造建築が広がりつつあった昭和4年(1929)に

愛媛県庁舎本館を木子(キゴ)七郎が手がけたそうです。

木子が愛媛県出身の実業家新田長治郎の娘婿と言う縁で携わったとの事でした。

新田長治郎は松山大学の創設者としても有名です。

クラシックスタイルに纏め左右対称形4階建てで、中央には半球型のドームが架かっていて、

現役の都道府県庁舎としては日本で3番目に古い建物だそうです。

ちなみに最古は旧三重県庁舎・・今は明治村に移築保存

京都府庁舎・大阪府庁舎・神奈川県庁舎も古いそうです・

この庁舎は愛媛県人の誇りです。

Img013-2_r

ときどき見学会があるそうですが今はコロナ感染で中止だとか

次回には是非見学したいなと思っています。

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2021年5月15日 (土)

庭の花

まん延防止等の重点措置が適用されている愛媛県は感染者が増えたり

減ったりの毎日で、気が休まりません。

相変わらず自粛してステイホームを続けています。

今日の一言もなかなかアップ出来ませんが・・・

時期が来たら花を咲かせる自然界に癒やされています。

でも例年ならば4月下旬に庭いっぱい咲くのに今年はチラホラでした。

20210408-13-29-51_r

こでまりの木は背が高くなり二階から見ないと見えないようになりました。

20210408-13-31-51_r

毎年一輪のみ花を付ける「シャクヤク」

立てばシャクヤク座れば牡丹歩く姿は百合の花・・・我が家にはボタンがありませんが

百合はその内咲きます。今年のシャクヤクは純白です、昨年は花びらの周りが

薄ピンクで可愛かったです。

20210508-8-02-15_r

ツルギキョウが咲いて足下を賑わせてくれています。

Img_4639_r_20210515093101

こんな我が家の庭でした。

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2021年4月15日 (木)

2021桜便りNo.4

今年はコロナ感染で桜見物もままなりませんでした。

最期は我が家の桜で閉めたいと思います。

20210330-8-35-51_r

ベランダでの鉢植えでもかわいく咲きました

Img_5044_r

Img_5042_r

20210330-8-34-40_r

今年はことのほか見事でした、満開です。どこへも行けない今は

これで十分です。開花中「ありがとう」と桜に声かけています。

来年は県内アチコチと桜の追っかけを夢見て・・・

 

 

| | コメント (0)

2021年4月 1日 (木)

2021桜便りNo.3 

Img_4992_r

砥部町の衝き上げ断層

長年松山に住んでいながら初めて見に行きました。桜は満開!

砥部川の川床 ”かがす淵” 付近一帯に見られるようです。

1938(S13)に天然記念物に指定されていました。

Img_5007_r

古い岩石は6000万年前、新しい岩石は4000万年前にできて

新しい岩石の上に古い岩石が重なって、1200万年前から

4000万年前にできた逆断層だそうです。

Img_4996_r

Img_4999_r

Img_4997_r

入り口は木の吊り橋でとても風情があり良かったです。

Img_4991_r

Img_5011_r

Img_4975_r

Img_5005_r

Img_4974_r

Img_4990_r

Img_4989_r

Img_4987_r

Img_4986_r

Img_5038_r

桜の足下には菜の花が満開で彩り豊かです。

Img_5017_r

Img_5013_r

コロナ感染を忘れての一日でした。

 

 

 

| | コメント (0)

2021年3月28日 (日)

2021桜便りNo.2

お天気に恵まれ城山公園へ行きました、我々世代は堀之内の方が馴染みですが

公園内はキチンと整備されて、本来コロナ感染が言われなければ春は色々な

イベントで賑わうところです、桜は満開でした。

Img_4968_r

Img_4967_r

 

| | コメント (0)

2021年3月22日 (月)

2021桜便り No.1

愛媛県は東京より一日遅れで3月15日に開花宣言が出ました。一週間たちましたが

どのくらい咲いているか楽しみに城山公園へ、明日出かけます。

ソメイヨシノより一足早く咲く「うば桜」が3月14日に満開でした。

コロナに関係なく大勢の人で賑わっていました。

ホントに名のごとく乳白色でお乳の色です。

20210314-13-57-49_r

あいにくお天気が曇り空で花が映えません。

20210314-13-57-22_r

20210314-13-55-38_r

鐘楼越しに花を見て大宝寺の雰囲気が出るかしら?

20210314-13-52-08_r 20210314-13-51-51_r 20210314-13-51-14_r 20210314-13-50-40_r

来年も又見に行きます。

| | コメント (0)

2021年3月 4日 (木)

春になりました

3月になりひな祭りの頃を迎えましたが、まだまだ寒さが残っています。

先日久しぶりに、城山公園内にある美術館へ行きました。

花園町の電車通りはいつも歩いているのに、正岡子規の生誕地の記念碑に

今頃気がつきました。

20210224-10-37-13_r

公園内の堀端は紅梅白梅が満開で、お弁当を食べている人も居ました

20210224-10-30-33_r

20210224-10-30-16_r

馬酔木の大木が満開です、家に帰り見ましたら、我が家はまだつぼみでした。

20210224-10-28-40_r

椿は白・ピンクと色々咲き始めました

20210225-12-23-02_r

20210304-7-40-15_r

20210227-8-01-46_r

その内斑入りも咲き楽しませてくれます、その頃には馬酔木も満開になるでしょう

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧